LOG IN

寝台列車北斗星はトレインホステル北斗星として生まれ変わりました

by AIKO

一度乗ってみたかった、寝台列車北斗星

寝台列車って、一度は乗ってみたくありませんか?

東京の上野駅を出発し、約1,215km離れた北の大地に向かって走っていくブルートレイン北斗星。札幌駅で見かけるたびに「これが本州からやってきた列車か!」と、感動していました。「いつか北斗星に乗りたい!」とずっと思っていたのですが……

残念ながら、北海道新幹線開通と老朽化で廃線になってしまいました……。私の北斗星に乗るという夢は叶わぬ夢になってしまったのですが……

なんと、北斗星はホテルとして生まれ変わりました。ということで、泊まってきました。

部屋は基本的にドミトリースタイルですが、5階は女性専用フロアなので、ひとりでの宿泊も安心です。

オロハネとオロネ。

フロントからフロアまで、車内にいるようでわくわく。

B寝台のパーツを再利用した2段ベッド。

2階のラウンジのテーブル、椅子、テーブルランプ、天井の照明は本物の食堂車のパーツが使われています。シャワーの脱衣スペースにあった鏡も、B寝台の廊下についてたものを再利用しているそうです。

貴重な寝台列車が、ホテルという形で生まれ変わったのは素晴らしい……。

目が覚めたら札幌駅に着いていないかなあ。。と、思いましたが、目が覚めたら、そこは当たり前に東京馬喰町。現実は厳しいものです。



AIKO
OTHER SNAPS