LOG IN

受刑者たちは北海道の開拓使!監獄のおかげで発展した北海道網走市

by AIKO

北海道の開拓を担った囚人たち

罪を犯した人が収容される、監獄。決して、良いイメージがない"刑務所"ですが、ここ網走は、この監獄なしでは発展できなかったことでしょう。

網走監獄の見学コースの所要時間は、約1時間半。広い敷地内は、見どころ盛りだくさんです。

この極寒の地で受刑者たちはどのように暮らしていたのか……。博物館を一通りまわり終えたら、きっと網走刑務所に収容されていた囚人へのイメージが変わります。

リアリティー溢れる蝋人形。

冬は、きっと凍える寒さだったと思います。最低限の質素な生活をしていたことがわかります。

毎日の厳しい生活の中でも、多くの囚人たちが楽しみにしていたのが、お風呂の時間だったそうです。

囚人たちの大きな任務は、北海道の開拓。ロシアの脅威を防ぐためにも、北海道の防衛と開拓は必須でした。

1,200人の囚人が北海道に送り込まれ、昼夜問わず、開拓が進められました。北海道の原始林のなかでの作業は、熊との戦いだったそうです。そして、囚人たちは北見峠から網走までの約228kmの道路を、驚く早さで開通させました。しかし、200人以上の犠牲者を出したと言われています。

北海道の開拓は、命をかけた囚人たちの上に成り立ってるのです。

網走は、監獄がなかったら人口は増えなかったでしょう。囚人たちは、冬は刑務所から網走駅までの除雪も行い、地域の人から本当に喜ばれたそうです。北海道の開拓を任された囚人たちは、街の発展に大きく貢献していたのです。

博物館では、現在の網走刑務所で出されている「監獄食」も食べることができます。


AIKO
OTHER SNAPS