LOG IN

夢の架け橋!瀬戸大橋横断からはじまる四国一周の旅

by AIKO

橋と線路と渦潮

四国一周の旅は、中国地方の岡山県からはじまりました。羽田から岡山までは、飛行機で1時間20分。

NHKで放送していた『プロジェクトX』の瀬戸大橋の物語を見て、「いつか絶対にこの橋を渡りたい」と思ったのが小学生のころ。遂に、瀬戸大橋を渡れる日がやってきました。

昭和30年、修学旅行生を乗せた国鉄の連絡船がこの瀬戸内海に沈みました。

この事件を受けて立ち上がったのが、伝説の技術者と呼ばれた杉田秀夫さん。この瀬戸大橋は、ひとりの男性の夢をかけた、四国民の夢の懸け橋なのです。

橋の上は自動車道で、下はJR本四備讃の線路が通っています。二階建て構造の橋は、なかなか珍しいかも。

高松に到着して、早速うどん。

いろんなお店でうどんを食べたかったので、小盛りを頼んでみました。しかし、普通の量で出てきてびっくり。香川のうどんの小盛りは普通盛り。味は、とても美味しかったです。

1件目でお腹がいっぱいになったので、徳島に向かいます。

なんとなく途中下車。

線路が交わる部分をクロッシングと言いますが、これがなかなか美しい。レールのカーブも好きです。曲線美。

吹田は大阪だと「スイタ」、徳島だと「フキタ」。

天気も良いことなので、一駅先まで歩いてみることにしました。鳴門方面に向かいます。

可愛い。

阿波川端駅に到着。田舎の一駅先は、良い運動になる距離感です。

無人駅。

鳴門駅に到着。

大鳴門橋がとても綺麗。空と海の青に、白い橋が映えます。鳴門駅から大鳴門橋までは、バスで約30分。橋の下は、新幹線が敷設可能な構造になっているそうです。

橋の向こうは淡路島。

鳴門といえば、やはり渦潮。

鳴門海峡の渦は最大で30mに達するときもあるらしく、その大きさは世界でも最大規模。世界三大潮流のひとつです。

ガラスの上に立ってみたくなる気持ちは、大人も子どもも一緒ですね。

船から渦潮を見るのも良さそう。

渦潮は月の引力によって起こります。大きな渦を見たい場合は、満月と新月のときに行くのが良いそうです。ほぼ水分でできている人間も、月の引力の影響を何かしら受けているかもしれません。




AIKO
OTHER SNAPS