LOG IN

意外と侮れない!JR長野駅の6番線で食べる幸せの一杯のかけそば

by AIKO

駅のホームで食べる一杯のかけそば

夏は盆地特有の暑さに苛まれ、冬は体の芯から冷え込むここ長野県。この寒暖の差が生んだ信州そばは、日本一美味しいお蕎麦だと思っています。お蕎麦屋さんの数も、長野県は日本一。

私はこの20年、美味しいお蕎麦を求めていろんなところで信州そばを食べてきました。戸隠にだって何度も行った。しかし、ここ最近、贔屓にしてるお蕎麦屋さんが長野駅にあります。

それが、長野駅在来線ホーム6番線にある「信州蕎麦処 しなの」。地元の人が入場券を買ってでも食べにくる名店のようです。ホームに漂う出汁の良い香りに惹かれて、ついつい立ち寄ってしまう人も多いはず。

かけそば、280円。注文をしてから数十秒で出てくるのも良い。八幡屋礒五郎の唐辛子を振りかけます。

柔らかめの麺と、飲み干したくなる甘めの鰹だし。湯気からも香るお蕎麦の良い香り。あぁ、美味しい。コストパフォーマンスが最高すぎる。寒いホームのベンチで食べるのがまた良い。

この信州そばの美味しさは、ここ信州の水と空気がないと成り立たないのです。

駅のホームでお蕎麦を食べていると、自然と旅の思い出に振り返ることができます。そして、食べ終わったあとは、また信州にきて、この一杯のお蕎麦を食べてから帰ろうと思うのです。

電車の時間が迫っているなど、急いでるときは、車内持込容器を買うのがオススメです。

北海道の100円回転寿司が侮れないように、信州の立ち食い蕎麦も甘くみてはいけないですな。また来ます。


AIKO
OTHER SNAPS